flow_syanaihou_h1

flow_syanaihou_h2

 

企業の社風統一・インナーコミュニケーションツールとして大きな効果を発揮する社内報。

「会社から社員・従業員に向けて発信する情報」は社内広報であり、経営にとってとても重要な役割を担っています。

社内報を作りたいけど何から始めればいいか分からないという方はこちらをご覧ください。

 

flow_header

flow_syanaihou_step0

flow_web_arrow

flow_syanaihou_step0_1

flow_syanaihou_step0_2

flow_syanaihou_step0_3

打ち合わせをする前にお客様に決定・準備していただくもの

メディアを通して何を伝えたいか、その結果どういったアクションを起こしてほしいか、どのようなマインドセットを持ってほしいかなどを打ち合わせの前に明確にしておくとプロジェクトの進行がスムーズになります。

社内報を発行する上でメディア選びはとても重要です。じっくり読ませたい内容については紙媒体を、速報性が求められる情報や紙媒体で掲載しきれない情報などはWeb活用するなど、各メディアの特徴を活かしてクロスメディア展開させることも効果的です。

社内報制作には、企画立案から原稿の作成・依頼・整理、制作会社への入稿、校正のやり取りなど、非常に多くの工程が存在し、遠方の拠点とのやり取りも発生します。そこで、制作進行をスムーズに行うために、社内制作のサポーターとして”編集委員”を選定してい
ただくことを推奨します。

flow_syanaihou_step1

flow_web_arrow

当社の営業スタッフが直接お客様の元へお伺いし(ご要望があれば制作スタッフも同行いたします)、社内報を作成するにあたってのご要望・コンセプト・デザインイメージ・企画の方向性・ページ数等の詳細を確認・取材させていただきます。お聞きした内容を元にサイズや仕様などを確定し、御見積書・スケジュールをご提示いたします。

flow_syanaihou_p1

flow_syanaihou_step2

flow_web_arrow

頭の中にある程度の出来上がりイメージがあっても、実際に作るとなると難しいもの…。当社ではまず、お客様にイメージをよりクリアにしていただくために、打ち合わせの内容を元に、制作スタッフが社内で再ディスカッションを行い、たたき台を制作いたします。

flow_syanaihou_p2
flow_syanaihou_step3
flow_web_arrow

「社員をインタビューしたいけど、原稿にするのが手間」、「せっかく社内報に載るなら
きれいな写真にしたい」といった場合は当社で取材・撮影に行かせていただきます。
取材・撮影を行わない場合は、貴社ご準備の原稿にて制作いたします。

flow_syanaihou_step4
flow_web_arrow

たたき台、原稿を元に細部のデザインを開始します。お客様の確認作業~修正指示~校正提出を繰り返し、お客様から最終OKを頂いたら校正完了となり次工程へと進行します。

flow_syanaihou_step5
flow_web_arrow

校正終了のご指示を頂き次第、印刷工程へ進行いたします。印刷から製本、納品までの日程は印刷部数、用紙、加工などにより異なります。詳しくは担当の営業スタッフにご確認ください。

flow_syanaihou_step6

商品が仕上がりましたら納期までに営業スタッフがお届けします。

flow_syanaihou_p3